メッセージ

2022年2月20日

長い間コメントを書かずに時が流れてしまいました。
この新しい年も静かに開いたように見えましたが新型ウイルス感染再拡大で 新春気分も萎えました。皆さんはお変わりなくお過ごしでしょうか?
昨夏の銀座養清堂画廊での個展開催中も感染拡大中でしたが 思いがけなく沢山の方々に見ていただき嬉しく思っています。
ありがとうございました。

こんな新型ウイルス感染症が広がる中
人工雪に象徴された偽善感漂う冬の運動会が開かれています。
山を切り崩した会場造りが持続可能な社会とどのように繋がるのか疑問です。
チャン・イーモウが制作した開会セレモニーは素晴らしいものでしたが
香港や新疆ウイグル自治区、南シナ海などを考えると素直に楽しめるものではありません。
オリンピックそのものが営利団体化して初期のスローガンからもかなり離れ
現会長の行動や発言にも不信感が漂います。
北京で各国がスポーツで戦う中
ロシア西部では戦車が走り一発触発の危機的状況に陥っています。
何とか会話で回避出来ないかと考えますが
ジョン・レノンのイマジンの世界には程遠いようです。
一個人でも会社でも国でも得る事の幸せばかり求め与える喜びを忘れています。

愚かな行いを繰り返す我々を乗せこの惑星は今も宇宙の旅を続けています。
地上から見上げる夜空には金星が輝き東にはオリオンが昇ってきました。
時速1700㎞で自転しながらその七倍の速さで太陽の周りを廻る地球
そのことを我々には感じさせず夜空の星だけがそれを教えています。
星と星は互いの引力バランスで影響しあい存在しています。
見上げる星達までの距離は遠く、見えている光は何万年も前のものです。
遠い昔の光を浴びながら与えられた使命を考えなくてはなりません。

最近少しかすんだ僕の目に映る全ての物に宇宙のリズムを感じます。
波、風、雨、小石、卵、種、弦、花、貝、露、果実、遺伝子、分子構造,・・・etc。
こんなことを考えながら僕の周りの宇宙を描いています。
秋には発表の予定ですが今の状況下ではどのようになるか心配です。
実現できた時には是非見ていただきたいと思います。
この新型ウイルスも星達のように
人類とのバランスを上手くとれる日が早く来ることを祈っています。
皆様もどうか感染に気を付けてお気持ち爽やかにお過ごしください。
何回も書いた大好きなエミリー・ディキンソンの詩を送ります。

小石はなんて素敵なんだ
道に一人ころがり
経歴も気にせずに
危機も恐れない
あの茶色の上着は
通り過ぎた宇宙の着せたもの

                            笠井正博

< 前へ  バックナンバー

最新号へ戻る