tokito_head
headInformationProfilePrint1Print2head_spaceAyako_Tokito
profile
時任 亜矢子 (ときとう あやこ)
    
1970   東京都生まれ
1991   日本工学院専門学校卒業
  東京都在住
       
   個展
1998   ギャラリー青山
1999   ギャラリーTEN(国立)
  j-one(目黒)
2001   ギャラリー青山
2004   ギャラリー砂翁(日本橋)
   さくら画廊(横浜)
2005   ギャラリープチフォルム(大阪)
2006   ギャラリープチフォルム(大阪)
2007   ギャラリー砂翁(日本橋)
       
   グループ展
1998   神奈川国際版画トリエンナーレ
  第43回CWAJ現代版画展
2001   あおもり版画トリエンナーレ/スポンサー賞
2002   第3回国際ミニプリントトリエンナーレ
   第47回CWAJ現代版画展
2005   第50回CWAJ現代版画展
   国際ミニプリントトリエンナーレ 2005
2006   プリントアート 魅せる現代版画(横浜)
   養清堂画廊(銀座)


  シルクスクリーンを使った版画で作品を制作しています。
デジタル技術が家庭でも普通に使われるこのごろですが、絵具を混ぜて紙の上で重ねる手仕事も楽しいものです。
花の形の面白さが好きで主なモチーフにしています。
身近にあってゆっくり変化している小さい世界のように感じます。

  ある小説家が物語を“書く”のではなく描写していて、自分でもその展開を楽しみにしているという記事を読んだことがあり、 ずっと印象に残っています。版を使って絵を描く時は、前もって決めておく段取りが必要ですが作業の中で見えてくる方向があります。
考えるだけでは現れない“描写”です。
まわり道覚悟でその方向に従う時、小説家の言葉を期待しているのかも知れません。
  誰もが見たことのある物を描いているので、手を動かしながら何を描写するのかを探しています。


|  Home  |  Information  |  Profile  |  Prints  |

Copyright © Ayako Tokito All Rights Reserved.  E-mail: a-tokito@offbeateditions.jp